たちばなのライフハック的人生

人生を豊かにする方法を模索していくサイトです

お得ネタ

PS4のコントローラーが勝手に反応して誤作動するので自分で修理してみた

投稿日:2018年1月14日 更新日:

私のPS4のコントローラーが勝手に反応して誤作動するようになったので、買い換えようかと考えました。

ですが、新品のコントローラーってけっこう高いんですよね。

そこで、なんとか自分で修理できないか調べた結果、分解して部品を交換すればいいことが分かりました。

この記事では、PS4のコントローラーのボタンの不具合を自分で修理してみた過程を紹介していきます。

PS4のコントローラーを自分で分解・修理すると、メーカーでの修理をしてくれなくなる可能性があります。
作業は自己責任で行いましょう。

スポンサーリンク
  

PS4のコントローラーを修理する方法とは?

私のPS4のコントローラーの不具合

私のPS4のコントローラーの不具合は、R1ボタンがきちんと戻らない時があることでした。
R1ボタンを押した後にきちんと戻らないので、R1ボタンを離してもそのまま入力されていて、ゲーム中に勝手に動くことがしょっちゅうあったんですよね。

最初は買い替えようかと思ったんですが、PS4のコントローラーは正規品だと軽く6000円以上はします。

仮に他メーカーのものであっても、少なくとも3000円以上はします。
手が出せない額ではありませんが、気軽に出すには少し高すぎる金額なので、何とかして自力で修理できないかと考え、色々調べてみました。

すると、PS4のコントローラーを分解して、不具合のある部分の部品を交換することで、コントローラーの不具合を修理できることが分かりました。

私のPS4のコントローラーの不具合の原因とは?

まず、コントローラーのR1ボタンの不具合の原因を調べるために、R1ボタンを調べてみようと考えました。
最初はいきなりコントローラーを分解しようかと思ったんですが、調べた結果、R1ボタンを外すだけであれば、コントローラーを分解しなくてもいいことが分かりました。

外国人の方の動画ですが、言葉が分からなくてもやり方は分かります。
この方はギターのピックで外したようですが、私はマイナスドライバーを使いました。
マイナスドライバーをコントローラー本体との隙間の赤く表示した部分にねじ込み、少しずつ力を入れて引き出していきます。

すると、簡単に外すことができました。

ボタンの裏側にはツメがあるので、外す時は折らないように注意して外しましょう。

R1ボタンを外して調べてみたところ、コントローラー内部のボタン裏側にあるゴムパッドに亀裂を発見しました。

おそらく、ゴムパッドに亀裂が入ったせいでR1ボタンを押した後に元に戻りにくくなったのだと考えられます。

PS4のコントローラーを修理する前の準備

PS4のコントローラーを分解する前に、分解方法と交換する部品について調べました。

まず、分解の際に使用する工具はマイナスドライバー一本と精密ドライバーがあればいいということがわかりました。

交換に必要なゴムパッドに関しては、Amazonで調べた結果いくつか候補が見つかりました。
それらを比較した結果、ソニー製の正規品を買うことにしました。

これを選んだ理由は、安心して買えそうなものがこれしかなかったからです。

正規品以外だと、値段は安いのですがみんな中国のメーカーの商品で、商品のレビューを見ても「形状が合わない」とか「硬すぎて使えない」といった意見が多く見られました。
また、取り扱っている販売会社も怪しい中国の会社なので、無事に届くかどうかも疑わしい感じでした。

正規品は悪いレビューが少なかったですし、取り扱っている会社も日本のしっかりした会社だったので、値段は少し高くはなりましたが正規品を選ぶことにしました。

PS4のコントローラーを分解する手順

まずコントローラーの裏側にある4箇所のネジ(赤丸で囲ってある部分)を外します。
0

ここは精密ドライバーで外しました。
精密ドライバーを使ったのはここだけです。

次にコントローラーの外側の部分を上下に分解させるのですが、実はこの段階が一番困難な作業だったりします。
というのも、初めてコントローラーを分解する時は、コントローラーがかなりきつく組まれているので、中々上手く分解されてくれないんですよね。

私の場合は、まずコントローラーの持ち手部分を手で掴んで、左右逆方向に力を入れるようにして隙間を作りました。
下の画像の赤と黄色の丸で囲まれた部分を掴んで、それぞれ逆方向に力を入れる感じです。

後はその隙間にマイナスドライバーを挟んで、少しずつ隙間を広げていきます。

スポンサーリンク

初めてコントローラーを分解する時は中々隙間が大きくなってくれませんが、焦らず少しずつ力を入れていくと徐々に隙間が大きくなっていきます。
また、この時パキパキと音がしますが、無理に力を入れなければそうそう壊れる心配はありません。

ただし、コントローラーの手前側のイヤホンジャックの両側にあるツメは壊れやすいので注意が必要です(仮に壊れたとしても、コントローラー裏側のネジでしっかり固定すれば問題ありません)。

少しずつ隙間をあけていくと、コントローラーのカバーが上下に分割されます。
この時、いくつか小さい部品が外れることがあります。

こういった小さい部品を無くさないように気をつけましょう。
ちなみに私の時はリセットボタンとR2ボタンの裏についているバネが取れました。

修理の際は上下のカバーを繋いでいる白いケーブルに気をつけながら作業していきます。

このケーブルは引っ張ると外れますが、接続する際に水平・垂直に接続しないとケーブルがダメになってしまうことがあるので注意が必要です。
私の場合はR1ボタンの作業だけだったのでつなげたまま作業しました。

R1ボタンとR2ボタンを外すと、裏側のゴムパッドが見えるようになります。

外したゴムパッドを見てみると、明らかに新品とは色が違い、劣化している事が分かります。

また、改めて見てみると 大きな亀裂が入っている事が確認できました。

R1ボタンとR2ボタンの裏側には穴のあいた基盤が配置してあります。

この穴に合わせるように新品のゴムパッドの突起を入れて配置します。

それが終わったらR1ボタンとR2ボタンを再び取り付け、コントローラーを分解した際に外れた部品を忘れずに元の場所に戻していきます。

ゴム製の部品はリセットボタンの部品なので、コントローラーの真ん中より少し右側の部分に配置します。
くの字型のバネはR2ボタン用のばねなので、L2ボタンと同様の位置に同じように取り付けます。

後はコントローラーの上下のカバーをはめ込んでいきます。
この時、特に力を入れなくてもきちんとカバーがはまるので、もしはまらない場合は引っかかっているところがないか確認してください。

コントローラーを元通りにした後でR1ボタンを押してみたところ、新品同様に押した感触が少し固くなっていましたが、きちんとボタンが戻るようになっていました。
その後、実際に私がプレイしているゲームで動作確認をしてみたところ、問題なく使うことができたので、修理は成功したものと判断できます。

まとめ

PS4のコントローラーのR1ボタンの不具合を自分で修理できるか試してみた結果、きちんと修理できることが分かりました。

私はR1ボタンの不具合だけだったので、作業は比較的簡単でした。
しかし、他のボタンの不具合であれば、もっと作業は複雑になっていたでしょう。
今回は上手く修理できましたが、他にコントローラーを自分で修理した人の話を聞くと、失敗してコントローラーが動かなくなった方もけっこういるようです。

PS4のコントローラーの不具合は、部品の交換や内部のゴミや汚れを取り除くことで解消することができます。
ですが、それでも不具合が修理できない場合は、コントローラーの基盤自体が故障しているといったように、素人が修理することは難しい故障である可能性もあります。
そもそも、修理の過程で作業を失敗してコントローラーを壊してしまう可能性も十分にあります。

PS4のコントローラーを自分で分解して修理する際は、失敗した時は諦めて買い換えることをあらかじめ覚悟しておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

data-matched-content-ui-type="image_stacked"

関連記事

data-matched-content-ui-type="image_stacked"

-お得ネタ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

AmazonプライムビデオがPS4で見れない? 解決の鍵は登録方法にあった!

スポンサーリンク AmazonプライムビデオをPS4で見られるって知っていましたか? かなり前からそうなっていたらしいんですが、私は最近Amazonプライム会員になったのでまったく知りませんでした。 …

痔を自分で治すにはどうすればいい? 食事でできる痔の改善・予防方法を調べてみた

スポンサーリンク 痔はデリケートな問題なので人に相談しづらいですし、病院に行くのも恥ずかしいですよね。 私も痔で悩んだことがあり、何とか自分で痔を治す方法は無いものかと考えて調べてみたところ、普段の食 …

コンビニとスマホを使って証明写真を安く撮る方法を検証してみた

スポンサーリンク 先日、資格試験を受けることになりました。 それでその資格試験の受験票用に証明写真が必要になったんですが、ここでひとつ困ったことが。 証明写真って高いんですよね。 写真屋さんで撮っても …

お盆に高速道路を使う人必見! 渋滞時のトイレ対策をまとめてみた

スポンサーリンク お盆は毎年必ずと言っていいほど高速道路が帰省ラッシュで渋滞になりますよね。 2016年からは8月11日が山の日として祝日になったこともあり、帰省するタイミングが分散しやすくなりました …

痔が痛くてトイレが怖い時にすぐに痛みを緩和できる4つの方法

スポンサーリンク 痔になると排便時の痛みのせいでトイレに行くのが怖いと感じることがありますよね。 私も痔のせいで苦しんだ経験があるのですが、その際に排便時にすぐできる痛みを緩和できる方法を実践してみた …